<浴衣>「注染」最盛期 職人の手作業で涼しげに…宇都宮(毎日新聞)

 夏に向け、浴衣地を染め上げる作業が宇都宮市で最盛期を迎えている。陽光の下、涼しげな色に染まった浴衣地が鮮やかだ。

 市内にある中川染工場の工程はすべて職人の手作業。伝統的な「注染」と呼ばれる方法で、生地の表裏を優しく染め上げる。以前は市内に約20軒あった染物工場も、大量生産の流れで現在は3軒を残すのみという。問い合わせは同工場(028・621・0571)。【三浦博之】

【関連ニュース】
<浴衣といえば>花火大会 2009年の写真特集
<浴衣といえば>日本の祭り
<浴衣といえば>意匠は花も 毎日植物園・夏
カッパ浴衣:まつりに合わせ販売−−我孫子 /千葉
おこしやす 京都で着物コンペ

仙谷氏「身震いする気持ち」(時事通信)
インフル定点が3週ぶりに減少(医療介護CBニュース)
菅連立内閣、今夜発足=11閣僚を再任、首相就任会見へ(時事通信)
<口蹄疫>「宮崎牛」エース級種牛5頭、抗体検査も陰性(毎日新聞)
シー・シェパード 元船長公判 6月10日で結審へ(毎日新聞)
[PR]
by uwnh12wxp8 | 2010-06-10 09:59


秋葉原17人殺傷 第9回(1)... >>