自民幹事長発言を批判=北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は7日、長野県茅野市の会合で、自民党の大島理森幹事長が米軍普天間飛行場移設問題が5月までに決着しなければ鳩山由紀夫首相の退陣を求める考えを示したことについて、「(普天間問題は)ややもすれば政争の具にされ、『できなかったら辞めるのか』と、こればっかしだ。自民党は『私たちも協議に乗るから一緒に考えよう』と言うくらいの国士的な思いがあっていい」と批判した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<トランスデジタル>社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑(毎日新聞)
「肩代わり」密約回避できた=自民政権下の対応批判−北岡座長(時事通信)
「JALは沈んじゃった」=鳩山首相(時事通信)
歯科技工士を続ける上での問題点、「低賃金」が最多(医療介護CBニュース)
「1円領収書」見直しへ 与党、3月末の政治改革協議を確認 (産経新聞)
[PR]
by uwnh12wxp8 | 2010-03-12 02:02


<< 「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め... 在宅だけでは「限界」―全国老施... >>