京大病院看護師を逮捕=データ虚偽入力容疑−容体急変患者からインスリン・府警(時事通信)

 京都大医学部付属病院で昨年11月、心疾患で入院していた女性患者(94)が一時意識不明となり、治療には必要ない高濃度のインスリンが血液から検出された事件で、京都府警捜査1課と川端署は2日、女性患者の看護記録に虚偽の血糖値を入力したなどとして、公電磁的記録不正作出・同供用容疑で、京都市左京区吉田下阿達町、看護師木原美穂容疑者(24)を逮捕した。
 同課などによると、木原容疑者は容疑を認めているという。同容疑者は女性の担当看護師で、点滴の交換などをしていた。同課などは女性の点滴にインスリンが故意に混入されたとみており、経緯を知っているとみて事情を聴く。
 逮捕容疑は昨年11月14〜16日、数回にわたり、循環器内科に入院していた女性患者の看護記録に虚偽の血糖値を入力して不正な電子データを作り、病院事務で同データを使える状態にした疑い。 

【関連ニュース】
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など
自称霊能力者ら再逮捕へ=介護女性に薬物、殺人容疑
容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も
肥満対策に健康な日本食を=大使館が料理指導

<裁判員裁判>強殺事件の被告に無期懲役判決 鳥取地裁(毎日新聞)
首相と小沢氏、午後に会談 政治とカネ、介護制度改革もテーマに(産経新聞)
失意の人々和ませ14年、犬の「純平」天国へ(読売新聞)
ギフチョウ 今年初めて羽化 羽紋色鮮やか 岐阜(毎日新聞)
鉄塔倒壊事故 関西電力を捜索 業務上過失致死傷容疑で(毎日新聞)
[PR]
by uwnh12wxp8 | 2010-03-07 18:41


<< 内閣改造「考えず」=鳩山首相(... 大津波・津波警報 北海道・根室... >>