「容疑者国選弁護」で水増し請求 岡山の弁護士逮捕(産経新聞)

 起訴前に公費で弁護人を付ける「容疑者国選弁護制度」で報酬を水増し請求したとして、岡山県警捜査2課は25日、詐欺の疑いで岡山弁護士会所属の弁護士、黒瀬文平容疑者(68)を逮捕した。

 岡山弁護士会などによると、黒瀬容疑者は平成19年3月から20年5月、7件の事件の報酬を請求する際、事件の容疑者との接見回数をごまかして約34万円を水増しして請求し、だまし取った疑いがあるとされている

 黒瀬容疑者は既に全額を返済している。

 20年10月、日本司法支援センター(法テラス)の調査で問題が発覚。法テラスが昨年2月に刑事告訴するとともに、3年間の国選弁護契約解除にした。岡山弁護士会も同年8月、2年間の業務停止とする懲戒処分にしている。

【関連記事】
「水増しの意味、わかるよね」公判で明らかになった呆れた実態 柏崎市職員の公金詐欺事件
NHK関連会社が補助金4400万円を不正受給 会計検査院が指摘
名古屋の建設会社が2億9千万円所得隠し 工事代金を水増し請求
「極東貿易」の防衛装備品納入水増しは計27億円に 防衛省
工事代金を水増し請求 新潟・柏崎市係長を詐欺罪で起訴

サイトに上司の殺人依頼=パート女性、容疑で逮捕−千葉県警(時事通信)
郵便不正の上村被告「検事に圧迫受け反省文」(読売新聞)
内閣特別顧問に稲盛氏(時事通信)
普天間移設問題 「県外」要求意見書 沖縄県議会が可決(産経新聞)
温室ガス25%削減を明記…温暖化対策法案(読売新聞)
[PR]
by uwnh12wxp8 | 2010-03-02 23:43


<< <津波>ハワイで2メートルの高... 【日本で働きたい インドネシア... >>