1票格差2・30倍は平等に反する程度…東京高裁(読売新聞)

 議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が最大2・30倍に達した昨年8月の衆院選小選挙区について、議員数が人口に比例して配分されておらず、選挙権の平等を保障した憲法に反するとして、東京都と神奈川県の弁護士らが、東京、神奈川の選挙管理委員会に選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の判決が24日、東京高裁であった。

 富越和厚裁判長は請求を棄却する一方、「格差は憲法の要求する選挙権の平等に反する程度に至っていたが、区割りを是正しなかったことが憲法に違反するとは断定できない」と述べた。

 昨年8月の衆院選を巡っては、昨年12月に大阪高裁、今年1月に広島高裁で違憲判決が出されており、司法判断が分かれる形となった。

元部下、2人殺害認める=強盗目的は否定−裁判員裁判・鳥取地裁(時事通信)
【揺らぐ沖縄】普天間「県外移設を」 県議会が意見書可決(産経新聞)
店内で2人刺され負傷=殺人未遂容疑で逮捕−大阪府警(時事通信)
脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し−東京地検(時事通信)
県独自課税、2審は「適法」=神奈川条例訴訟、いすゞが敗訴−東京高裁(時事通信)
[PR]
by uwnh12wxp8 | 2010-02-27 13:06


<< 【日本で働きたい インドネシア... 偽りの果てに女性を殺害 別れさ... >>